2012年3月15日木曜日

室内用赤外線コントロールヘリコプターF103

前回のエントリーでオープンソースハードウェアのクアッドローターを紹介しましたが、AeroQuadのパーツリストでまるまる揃えると800ドル位かかるっぽいですね。
送信機など日本の技適?を受けた送信機でないと違法になるそうで、日本向の送信機だと更に高くなりそうです。
もともとラジコン飛行機、ヘリで機材が揃って入ればかなり出費は抑えられそう。
製品版のクアッドローター(完成品、キット)で安いものはありますが、日本向けでは無いので技適なし。中には気にせず使う人もいるみたいですが。

国内向けの高いラジコンを買う気になれないので、アマゾンでトイラジを言われるジャンルの赤外線コントロールヘリコプターF103を買ってみました。
室内用で2重反転ローター、全長20cm弱、前進後退、上昇下降、左右移動、左右旋回の4ch。
アマゾンで約4,000円。これがなかなか面白い。
youtubeにアップされている動画
ジャイロでホバリングも安定。USB端子からの約30分の充電で約8分遊べました。
リモコン(単3x6、別売り)からでも充電できます。
左スティックの上下で上昇下降、右スティックの左右で旋回、上下で前進後進、両手の人差し指のボタンで左右移動。
派手なLEDチカチカは余分だなぁ。
コツはスティックを激しく動かさないこと。しばらくこれにはまりそう。





0 件のコメント:

コメントを投稿