2012年3月31日土曜日

LCDシールド作ってみた

サンハヤトのArduino用ユニバーサル基板UB-ARD03-Pを使いLCDシールドを作りました。サイズが短いのでUSBコネクタに干渉しません。
乗っているLCDは秋月で買った16文字x2行バックライト無しのキャラクタLCD(SC1602B、500円)。
PC本体が右にあり、ケーブルはこの方向が使い勝手いいのでLCDをこの向きで取り付け。



左側の7x2列のソケットだけで浮いている状態なので、右側のワイヤー(緑)で支えています。ハンダ付けなし。

LCDを使うには電源VDD、VSS以外に少なくとも6本使用します。
LCDのピンの接続を変更しなければならなくなった時のために、丸ピンソケットで変更できるようにしてます。もちろんその時はスケッチの変更も必要です。
このシールドではR/Wを丸ピンソケット経由でGNDに落としてますが、基板裏やLCD基板上でGNDに接続しても構いません。



環境:ArduinoUno





0 件のコメント:

コメントを投稿