2012年4月17日火曜日

SDカードシールド作ってみた

サンハヤトのArduino用ユニバーサル基板UB-ARD03-Pを使いSDカードシールドを作りました。

参考:
Arduino - ArduinoでSDカード
Arduinoで遊ぼう - SDメモリカードを読み書きする
連載(61)Arduinoで何でも制御 データを保存する(1)

SPIで通信相手を特定するCS(チップセレクト)は、Arduino1.0付属のライブラリに合わせてD4に接続。
イーサネットシールドはD10を使うということなので、使わないと決まってるならD10でもいいんじゃないでしょうか。他の信号線は移動できないと思います。



小容量すぎて引き出しに放置していたSDカードの再利用です。(写真はminiSD+アダプタ)

いざサンプルスケッチでカード情報を表示させようとすると通信できない、回路はあってるか?とのメッセージ。
配線見なおしたりはんだのチェック。いじってると通信できたりできなかったりと安定せず。
Unoボードの10ピンヘッダーソケットが緩くなっての接触不良というオチ。交換しないと・・・

空いた部分には秋月のRTCモジュールを乗せる予定。
Arduinoを何らかのロガーとして動作させて、SDカードにデータを保存させる時には日時情報も必要ということで1枚のシールドにするつもり。

環境:ArduinoUnoR3、Arduino1.0



0 件のコメント:

コメントを投稿