2012年9月13日木曜日

ワンダーウィッチカートリッジの電池交換

久しぶりに更新します。

2000年前後、パラグライダーで空を飛んでいた頃、手持ちのGARMIN GPS12CXだけでは記録ポイント数が2048ポイントと少なく、単体では高度も記録できないので、携帯ゲーム機ワンダースワン(白黒液晶)+ワンダーウィッチ(ワンダースワン用開発環境)を購入し、ワンダースワンでGPSログを記録していました。

おそらく6年ぶりにワンダースワンの電源を入れてみると、なんだか文字化けしていておかしい。
電源ON-OFFを繰り返していると

 

とずらずら表示され、カートリッジがリセットされ中身は空に。
ググってみるとどうやらメモリ?のバックアップバッテリーの電圧低下が原因のようです。
2年で寿命とのこと。


トルクスネジ2本さえ外せば、バッテリんーの交換は簡単のようです
(固定用にマジックテープが貼ってあります)


ネジを外して分解。3Vのバッテリーが0.6Vまで下がってました。


使用バッテリーはCR1616


カセットの初期化が始まり・・


PCからtera term proと転送用マクロで、GPSロギングソフトgarlogを転送
 

正常に動きました。
GPS TRACK LOGGER for WonderWitch
http://homepage1.nifty.com/gigo/wonderwitch/logger.html

ワンダースワンからPCへ転送したログは各種フォーマットに変換できるコンバーターで。
GPSログデータコンバータ
http://homepage1.nifty.com/gigo/GPS/gpslogcv.html

この組合せだと、GPSに単3電池4本、ワンダースワンに単三電池1本使用します。
かさばって、使用電池も多く、転送に手間、変換作業・・・
ログポイント数も10万ポイントほどあり、単3電池1本で動き、bluetoothでPCとの接続、ログの転送も可能なHolux M-241あたり買おうかとも思ったのですが、ひとまずはこれで。







0 件のコメント:

コメントを投稿