2012年10月5日金曜日

ハロウィン カボチャ ペーパークラフト

まずは完成品から。オリジナルです。

3DCGからペーパークラフト用の展開図を作るソフトが少ないですね。
探しているとgoogle sketchupで展開図を作ることができるということで試してみました。
Flatteryがそのプラグイン。
テクスチャを張ったオブジェクトでも展開できます。1面づつの手作業で。
のりしろも手作業で設定可能。
テクスチャを貼った展開図の画像での保存方法が分かりませんでした。
画面の真正面に展開図を表示しそのまま印刷するのを想定しているのでしょうか。
svg形式での保存は可能ですが、テクスチャが保存されないようです。
ので、そのsvg形式の画像をpngに変換し、グラフィックソフトで着色、印刷して作ってみました。



 
↑の画面をそのまま印刷するか?
↓テクスチャなしで保存するか? 今回はこちらで

CGソフトで着色

手作業で分解

A4厚紙6枚に印刷して

カットして

のりしろを省略したので、内側からテープで組立

高さ16cm
葉っぱを追加、 目、鼻、口はマジックで手書き

カボチャで葉っぱはおかしいかも ってヘタバージョン

型紙としてのクオリティーが低いので公開はしてません。


追加
中に赤色LED2個入れました。

arduinoと焦電センサも追加し、人を感知すると・・・
ハロウィンのカボチャをArduinoで
http://cranberrytree.blogspot.jp/2012/10/arduino.html

2013/10/14 A4 1枚簡易バージョン作りました






0 件のコメント:

コメントを投稿