2014年4月29日火曜日

xubuntuに入れたarduinoIDEにライブラリを追加



こちらの記事でxubuntuをインストールした古いノートPCにarduinoIDEをインストールしました。




初めてそのPCにライブラリの追加したのでその方法のメモ。

windows版1.0.5には「スケッチ」-「ライブラリを使用」-「Add Library...」で、zipファイルかフォルダを指定すれば使えるようになりますが、ubuntu版1.0にはまだないので手動で入れないといけない。

・入れたいライブラリをダウンロードして解凍しておきます。

・手動でライブラリを追加する場所は、arduinoのスケッチフォルダ。
デフォルトでは、/home/user/sketchbook/

・そこに「libraries」フォルダを作る。

・その中に解凍したライブラリのフォルダを保存する。
フォルダ名に-(マイナス記号)が使われていたら_(アンダーラインに変更)

IDEを起動すれば、ライブラリフォルダを認識して、サンプルスケッチも開けるはず。
なお、arduinoIDE付属の標準ライブラリは別の場所の保存されている模様。

最終的なフォルダ構造は
/home/user/sketchboot/libraries/ライブラリ名/examples/◆◆◆◆.ino
/home/user/sketchboot/libraries/ライブラリ名/◆◆◆◆.cpp
/home/user/sketchboot/libraries/ライブラリ名/◆◆◆◆.h
の感じ

OS、IDE、ディストリビューション、OSバージョンによっては違ってくるかもしれないです。

環境:arduinoUNO、arduinoIDE1.0、xubuntu



0 件のコメント:

コメントを投稿