2014年6月8日日曜日

ロータリーエンコーダーでジョグダイアル


以前古いボール式マウスからロータリーエンコーダーを取り出しました。
http://cranberrytree.blogspot.jp/2013/05/arduino.html

これの動きにキーボードを対応させてジョグダイアルにしてみました。
映像編集機器や映像再生機器についているダイアルを回すとコマ送り、コマ戻しができるあれです。






PCにキーボードとして認識させるためにarduinoUNOではなく、ダ・ヴィンチ32Uを使いました。leonardoでもいいはず。
動画では動画再生ソフトMPC-HCのコマ送りとコマ戻しに割り当てたキーを、ダ・ヴィンチ32Uから送信しているだけです。

コマ送りは1コマづつできるのですが、コマ戻しがスムーズに出来ません。
圧縮されたファイル形式(MPEGやMP4など)だからかと思い、無圧縮AVIを用意して試してもスムーズにはできませんでした。
探せばコマ戻しがスムーズにできるソフトも有るようですが・・・

ジョグシャトルというものもありますが、ジョグダイアルとセットになっている左右に数10度の範囲で回せるリングのことだと思います。


arduino学習リモコンと組み合わせれば、DVDプレーヤーなどにジョグダイアル機能を追加できそう。

環境:ダ・ヴィンチ32U、arduinoIDE1.0.5、win7(64)



0 件のコメント:

コメントを投稿